融資を受けるのって大変

 住宅ローンなどの融資に関しては、頭金がなくてもローンを組むことができるとかいったことが宣伝されていることがあります。
しかし、実際には、融資できる金額というものは、収入によって決まることが多いのです。そのため、頭金なしで住宅ローンを組むということは現実的ではないことが予想されます。

 また、住宅ローンの毎月の支払金額は賃貸住宅の家賃と大差ないといわれることもあります。確かに、毎月の住宅ローンの支払金額が7万円くらいならば、そう思われても仕方ないと考えられます。でも、住宅ローンというものは、ボーナス払いが併用されることも多いのです。そうなると、家賃と大差ない支出だという考えは甘いといえるでしょう。

 家賃を支払い場合には、ちょっとその金額が高いと感じるようになったら、他のアパートに引っ越すという選択肢も選べます。たとえば、景気動向により、収入が減ってしまうこともあります。そういったときには、賃貸ならば、柔軟に対応することができます。

 しかし、住宅ローンを契約してしまった場合には、そういったことはできません。収入が減ったからといって、その支払いを軽くしてもらうことは困難だといえます。住宅ローンを組むときには、こういったことも頭に入れておいたほうがいいでしょう。

 また、住宅ローンなどの融資を受けるときには、金利もかかるということを理解しておくことが必要です。金利があるので、支払金額は、借入金額よりもかなり大きなものとなってしまうのです。

 ただし、不動産を担保にする不動産担保ローンというサービスがあることはご存じでしょうか?
収入は関係なく、不動産の価値に見合った金額を借りることが可能になります。是非一度、調べてみてください。